IPOはホテルと違いキャンセル料はかからない

IPOは注目度が高く良くも悪くも値が動きやすいものであるため、投機の対象としては妙味のあるものとなっています。
しかし、そのようなIPOを安全な投資とすることもできそれは有望と評判の高いIPOを公開価格で手に入れることができれば、労せずして大きな利益を手にすることができるのです。
ただし、初値が高騰することが間違いないとされる銘柄の場合には、当然誰もが欲しがりますから倍率も非常に高い物となり、簡単に入手をすることができるものではありません。
それでも、参加には費用がかかるわけではありませんから、割のよい宝くじ気分で参加をするというのもひとつの方法となります。

基本的にはIPOは公開価格で手に入れることができると嬉しいものではあるのですが、直前の地合悪化などで公開価格が割れる可能性が高くなってしまう銘柄もあり、そのような場合購入をキャンセルすることができるのか疑問に思っている人もいることでしょうが、購入意思を示す前であればキャンセルをすることができ、ホテルと違ってキャンセル料もかかることはありません。
すでに購入意思を示してしてしまった場合には、これはホテルのようにキャンセルをすることが出来ないため注意が必要です。
購入意思を示す前であれば辞退をすることで、実質的にキャンセルと同じ扱いをすることができるのですが、ホテルのキャンセルと違うところは証券会社によって費用は発生しないしにしても罰則がある場合があるというものです。
罰則といっても一定期間IPOに参加をすることができないといった、IPOに関するものであるためその後参加をする予定がないという場合などにはそれほど痛手のあるものでもないため、危ないと思ったときにはパスをするのもひとつの選択となります。