IPOの一覧の活用方法

IPOの一覧を見ることによって相場の動きをある程度は知ることができます。
まず、IPOの数です。
市場が活性化しているときには数が増えます。
なぜなら、公開する企業は株価が高い方が良いからです。
そもそも新規公開の目的は資金調達であるという点に注意が必要です。
株式を売却して資金を調達するわけですから、もちろん株価は高い方が良いわけです。
IPOの一覧に掲載される数が多ければ、市場は活性化していることが分かります。

もう一つの利用方法は資金の流れです。
IPOはここ最近で非常に人気がありますから、新規公開した株式の買い手がつかないと言ったことはほぼあり得ません。
そうなると証券会社の評判が悪くなりますから、なんとしてでも買い手をつけようと考えるわけです。
買うためにはキャッシュが必要になるのは言うまでもないことですが、そのための資金をどこかから準備してこなければなりません。
株式への投資割合を変えずに調達するためには、他の株式を売らなければならないわけです。
このようなこともあって、IPOのときには必ず資金が動き、それによって相場が影響を受けることがあります。

相場への影響は公開の規模によります。
小さい企業が少しだけ上場するといった場合、それほど影響はありません。
しかし、大規模な資金を集めるために上場すると、それが大きな変動につながることもあります。
たとえばかつては第一生命が上場したときに相場はボラタイルな動きになりました。
今後上場が予定されている大型のものとして、ゆうちょ銀行があります。
ゆうちょ銀行が上場すればそこそこの影響は与えるでしょう。
ですから、一覧を見ながらその規模がどれくらいなのかを把握しておくことは必要です。

▼人気のIPOをこのサイトで知る
IPO初値予想